日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の借金のなかの内国債の額について

日本の内国債の発行比率はすでにGDPの2倍に達しており、主要国の中でも際立って借金の多い国となってます。

現状で内国債の発行額は1050兆円であり、米国と比べても非常に大きな借金国となっているのは事実です。

ただし諸外国と異なり発行国債額の実に90%近くが国内投資家によって購入されていることから、急激な売り浴びせによって大幅に金利が上昇するといった危機的な状況は回避されながら推移しているのが大きな特徴となっているのです。

備忘録
明るい店舗でお気に入りをお求め下さい

2013年4月からは日本銀行が未曾有お量的質的金乳緩和に乗り出し、国債の大幅な買い入れによって金利を上げない形で名目物価を上昇させ、株式市場を活性化させる政策を打ち出したことからこお2年で株式市場は60%以上も日経平均が上昇することとなり、経済の再活性化が進もうとしてるのです。

残念ながら原油価格が大きく下げたことから統計上の名目物価の値上がりは2%になかなか届かない状況が続いていますが、国債金利は安定的に推移していることから、国際的にも非常に信頼の厚い金融市場を構築することに成功しているといえます。

ただ、今後もいかにしてこの国債金利を上昇させないように安定推移させていくかに日本銀行の手腕が求められる状況となっています。

直近では米国の利上げが年内に行われることが予想されていますが、国内市場がどれだけ影響を受けるかについても注目が集まっている状況です。

日銀による株式市場でのETF買いの資金も年内は7000億強にまで原資が限定されてきていることから、さらなる追加緩和を期待する向きも多くなってきており、日銀がこの秋口に緩和に踏み切るかどうかも注目ポイントとなっています。

11月には郵政3グループの上場も控えていることから、政権も財務省も株価を過度にさげることだけはなんとしても避けたいはずで、やはり日銀による追加緩和期待は高く会っているのです。

これまで過去2回の緩和ではほぼ3ヶ月から6ヶ月程度株価が上昇し、債券金利も低いまま継続していますので、同じような政策が繰り出されるかどうかがこの秋、米国の地上げとともに注目されているのです。

今後は既に1050兆円も発行している国債の額をどのようにして縮減してくかが大きな課題となりますが、一定のインフレで圧縮していくことになるのか、他に有効な手立を講じていくことができるかどうか、日銀の政策の方向性がさらに注目される状況となっています。